2016年1月11日 (月) 17:39 投稿

【アルスト】まるでPC並の映像表現!専門的視点で徹底解説!

アルケミアストーリーのすごいところといえば、そう!

圧倒的な3Dグラフィック表現です!

今回はどこがどうすごいのか、最新の情報と共に徹底的に解説していきましょう。

 

 

◆影が細かく描画される!

まず驚くべきはシェーディング(陰影処理)です。

gra1

この画像のキャラの影に注目。

階段の段差をなぞってしっかりと影がでこぼこに描画されています。

最近のゲームじゃ当たり前・・・なんて思うかもしれませんが、これはスマホゲーなのです。

ゲームの処理に特化したコンシューマー機と、本来は電話として作られているスマホでは

処理速度に差が出るのは当然のこと。

アルケミアストーリーでは普通に実装してますが、これが非常に重い処理なのです。

恐らくその辺のスマホゲーにこの処理を加えたらカクカクして動かないかもしれません。

それくらい重いです。

つまりスマホゲームでここまでの処理をするにはかなりの努力が必要ということ。

実際にこの映像を公開したところ、同業のスマホゲーム開発者から

「どうせPCの開発画面でしょ?」と言われたそうです。

 

昔はスーパーマリオ64のマリオの影のように、「丸影」と呼ばれるものを使用していました。

super-mario-64-n64-ingame-31869

▲マリオや蝶の床の影はただの丸

 

丸影は処理がとても軽いのです。世界の影の全てをこれで表現するだけで何倍も軽くなります。

しかしアルケミアストーリーはスマホで完璧なシャドウを再現したのです!

 

さらに、時間帯に応じて影の長さが変わり周囲の環境光も変化。

gra2

昼用マップと夜用マップで別れている場合は、

各マップ用にあらかじめテクスチャを別に作っているかも知れません。

そちらのほうが現実的ですが・・・(私ならそう作ります)。

もしこれがリアルタイムで徐々に変化しているとなると、

ディフューズマップというシェーダ処理でリアルタイムに合成する必要がでてきます。

太陽光に色情報を持たせて、キャラクターやフィールドのテクスチャの色と合成します。

影の長さは、リアルタイムで太陽(深度バッファシャドウ用のカメラ)の位置を

移動させて表現しているものと思われます。もしくは昼夜用で角度を固定。

平面投影シャドウだとセルフシャドウが発生せず、

オブジェクト毎に影を付ける必要があるので深度バッファかなーと思うのですが・・・。

謎の単語が多くなってきたのでやめましょうw

 

 

◆表情が滑らかに動く!

次にすごいのは、モーションブレンドによる表情や動きの変化!

モーフィングで表情の変化がぬるぬると表現されます!

morf

モーションブレンドというのは、ひとつのモーションから他のモーションへの変化を

徐々に合成して滑らかに結合する技術のことです。

例えば棒立ち状態から走る場合、急にダッシュを始めると怖いですよね。

一昔前のゲームはそうでした。

急に走って急に止まるといった具合です。連打するとゲッダンしますw

しかしモーションブレンドを使用することによって、

立ち→走りまでの中間の動きが見えるのです。(止まる時も同様です)

表情の変化は技術的にすごく難しく、スマホゲーで処理速度を確保するには

ポリゴン数も制限せざるを得ません。

昨今の3Dのスマホゲーでも、脚が六角形でできていたりします。

これをテクスチャでうまく丸く見えるようにごまかして処理速度やメモリを確保するのが

節約の手法のひとつだからです。

いわゆるローポリ化というやつですね。

体のボーンならまだしも、ここまでの表情の変化を作り出すには

顔のポリゴン数がたくさん必要なのです。

特に目と口の周りはスパイダーマンどころではないくらい線が入りますw

これをスマホゲーでやろうというのだから驚きです。

かなり優秀なグラフィッカーさんがいるんだと思います。

 

 

 

◆空が綺麗!

そして空の雲が動く!

sky0

sky1

雲が徐々に動いているのがわかるでしょうか?

リアルタイムに雲が流れています。

これは処理的にはそんなに大変ではないのですが、

少しでも速度を確保するために省略されているゲームが多いです。

これはスカイドームといって、巨大な半球状のポリゴンの内側に

空を描いてすっぽりと世界を覆います。

そしてそれを回転させることで雲が動いているように見せるわけです。

普通のゲームはドーム1つだけで回転させて、雲の形は変化しないものが多いですが、

アルケミアストーリーでは雲も何層かに分けて作られているので形が変わっているように見えます。

映像に愛が感じられる作り込みですね!

 

 

というわけで!アルケミアストーリーの映像はまさにPCゲーム並のクオリティというわけです!!

もちろん最先端のPCゲームは鏡面反射(フォン)、水面の屈折、グローバルイルミネーションやバンプマップ、DOFなど、まだまだ語れないくらいすごい技術が盛りだくさんで比べることはできませんが、スマホゲーでここまできたというのは素晴らしいことだと思います!

アルケミアストーリーの今後に期待!!

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です